製品情報

マルチカラー対応 55°ワイドフィールドレンズ

マルチカラー対応 55°ワイドフィールドレンズ

メーカー名
ハイデルベルグ エンジニアリング
機器分類
眼底解析器械器具 
製品説明
スペクトラリスに装着するマルチカラーに対応した55°の画角を持つ広角レンズです。
マルチカラー対応55°ワイドフィールドレンズ 資料請求・お問い合わせ

製品特徴

55°ワイドフィールドレンズの特徴

タッチパネル表示標準の30°対物レンズの代わりに、55°ワイドフィールドレンズを使用して広角の画像を撮影することができます。スキャンサイズは25°×25°、35°×35°、∅55°です。

スペクトラリスはどちらのレンズが取り付けられていているかを自動的に検知し、タッチパネルにはそれぞれ15°・20°・30°(標準30°対物レンズ)、あるいは25°・35°・55°(55°ワイドフィールドレンズ)のスキャンサイズが表示されます。

55°ワイドフィールドレンズを用いた撮影画像

マルチカラー対応55°ワイドフィールドレンズの特徴

マルチカラー対応55°ワイドフィールドレンズこのレンズを使用することにより、55°ワイドフィールド・マルチカラー画像を撮影することが出来ます。
一般的な眼底カメラよりも広角なカラー眼底画像の撮影が可能になり、眼底周辺の見落としがちであった病変も一度の撮影で捉える事ができるようになりました。
55°ワイドフィールド・マルチカラー画像の撮影には、v6.3以上のHEYEXソフトウェアが対応します。

マルチカラーの原理と特徴

一般的な眼底カメラは様々な波長を持つ白色光を使用して、網膜以外からの散乱光も全て画像として写り込むため全体としてぼやけた画像となってしまいます。それに対して、スペクトラリスはコンフォーカルSLO 技術を使用しているため、散乱光や焦点面以外の光の影響を受けにくく、焦点面における高コントラスト、高画質画像を取り込むことができます。この撮影原理に加えて、マルチカラーは波長の異なる3 つのレーザーを使用しており、波長毎に網膜への深達度が異なります。そのため、短い波長(488nm)は表層を、中間波長(518nm)は網膜の血管層を、長い波長(815nm)は網膜色素上皮(RPE)を中心とする深層部と層別にスキャンが行われます。その結果、層別の情報を持った画像として取り込まれ、それらを合成したものがマルチカラー眼底像です。

マルチカラーの原理と特徴

製品についてのお問い合わせ、資料請求は…

ホームページから
資料請求・お問い合わせ
お電話で
東京本社
TEL:03-5684-8531
商品管理課
TEL:03-3868-3211
大阪支店
TEL:06-6271-3341
名古屋営業所
TEL:052-261-1931
福岡営業所
TEL:092-414-7360

こちらは、医療関係者向けの情報です。医療関係者以外の方の閲覧はご遠慮ください。

製品情報

種類別取扱い機器一覧

メーカー別取扱い機器一覧

スペクトラリスユーザーズクラブ

  • 入会する
  • ログインはこちら
医療関係者向けページ ご利用のご注意

ここから先のページは、日本国内の医療関係者を対象として、当社の医療向け製品情報などを提供しております。

国外の医療関係者、および一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんので、対象外の方は、閲覧をご遠慮ください。

あなたは日本国内の医療関係者ですか?

はい
いいえ
「いいえ」をクリックするとトップページに戻ります。
Copyright ©2010 JFC Sales Plan Co., Ltd.